操体はストレッチに非ず

「快」によってカラダは整う。
それが操体。

しかしこの「快」というのが意外と曲者。

操体を実践している人の中にも勘違いしてるなぁ・・・という人、結構多い。

You Tubeで操体を紹介しているものをみると・・・

「気持ちよくグーッと伸ばして」

「脇腹が伸びている感じを味わって」

「腰のあたりを伸ばすように気持ちよくグーッと・・・」

グーッと伸ばして、伸びてる気持ちよさを感じてって、それはストレッチでしょ?

You Tubeでは接骨院系の先生に多いような気がするなぁ。
モデルさんに施術として行っているものや、セルフメンテナンスとして指導しているもの、どちらも同じ。
操体の核である「快」がイコールストレッチ感なので、どうしても運動的というか体操的なものになってしまう。

きっとその先生方も、ストレッチ的な気持ちよさしか知らないから、それを求めてしまうのかな?

操体で言う「動いて気持ちがいい」「伸びて気持ちがいい」というのはストレッチ感とは違う。
もし同じものであるならそれはストレッチということ。
それを操体と言ったらストレッチに失礼。

ストレッチの一つの方法が操体あるいは操体法ではない。
繰り返すけれど、それはストレッチ。

操体でいう「快」とはストレッチとイコールではない。

ストレッチでいう少し痛いくらいのところでという「痛気持ちいい」も操体にはいらない感覚。

私の感覚で言うと、「伸ばす」ではなく「伸びる」だし、「痛気持ちいい」ではなく「気持ちいい」。
ストレッチ感が気持ちよさの全てだと思っていたのなら、試しにストレッチ感を全く感じないように動いてみればいい。
今まで知らなかった「気持ちよさ」に気がつけるかもしれない。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください