お花をあげましょ桃の花♪

明日は雛祭り。
だからといって、何かするわけでありません。

雛祭りだからここかな!と梅の写真を飾っていると、「ほんとは桃だけどね」と妻の一言。
街中でも「きれいな梅が咲いてるね」というと「桃ね」と妻に訂正されます。

梅、桜に比べて、馴染みの薄い桃の花。(個人的には)
個人的には名前や品種にこだわりはないので、「キレイな花」の一括りで問題ないのですが。
そういえば桃の花ってなんだ?と珍しく気になったので、ちょっと調べてみました。

見分け方のポイント

  • 花弁(花びら)の形
  • 花柄
  • 香り

花びらの先端が丸い。
花柄が短く、花が直接枝に付いているように見え、1節に1つ咲いている。花が少ない。
幹は割れ目があったり、ざらざらとしている
良い香りがする

花びらの先端がやや尖っている。
花柄が短く、花が枝に付いているように見える。1節に1~2つ咲いている。梅よりは花が多い
幹は凸凹があり斑点模様がみられる
香りはしない
花と一緒に、緑の若芽がみられる場合は桃


花びらの先端が割れている。
花柄が長く、1節に複数の花が咲いている。花が多い。枝からこぼれるように咲いている
幹に横縞の紋様がみられる
山桜は香るが香りのしないものも多い。

結論

見分け方の結論としては、桜が咲く頃に梅はもうないので(地方によっては違うかもしれませんが)、桜の時期には桜一択。

問題は今の時期です。
近くまで行き匂いがしたら梅、しなければ桃!
そして妻に指摘されたら桃!

・・・こんな感じでよろしいかと個人的には納得したところです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください