深呼吸

からだコラム「健’sNOTE」の記事をリライトしたものです。

深呼吸間違ってませんか?

気持ちの良い朝に!
運動のはじめと終わりに!

してますよね?深呼吸。
さてその深呼吸は正しく行えていますか?

正しい深呼吸とは?

身近な例ではラジオ体操の最後に行う深呼吸、ちょっと思い出してください。
両手を前から上に挙げて胸一杯に空気を吸い込み、両手をおろしながらゆっくりと息を吐く。
一般的にもこのやり方ではないでしょうか?

さて何が間違っているのかというと、それは呼吸の順番です。

吸うのが先ではなく、吐くことが先にこなければいけません。
ちょっと考えればわかることなのですが、体の中の空気を出さなければ新しい空気は入ってきません。
お腹が空かなければ次の食事は入らないのと同じ事です。

呼吸の基本は吐くこと

「呼吸」と言う字を見てみましょう。
吸うと言う字の前に呼気(こき)の「呼」が来ています。
ちゃんと意味を表しているのです。

しっかりと息を吐くと空気は自然と入ってきます。
意識して吸う必要はないのです。

腹式呼吸

  1. お腹がへこむようにゆっくりと口から息を吐きます。
  2. これ以上吐けないところまで吐いたらお腹の力をスッと抜きます。
  3. お腹がふくれるのに合わせて自然に空気を吸い込みます。
  4. お腹に空気が一杯になったら、またゆっくりと吐いていきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください