花火

tobu-hanabi.jpg
東武動物公園に花火を見に行きました。
他にも大きな花火大会はありますが、あまり混むのは好きではないので大規模なものはパス。
妻の実家から車で数分の距離にある東武動物公園に行きました。
浴衣を着ると入場無料。
初めて入った夜の動物園はなかなか魅力的な世界でした。


園内を歩いていると、まず見えてきたのは鷲やハゲタカなどの猛禽類。
夜の猛禽類、昼間は感じない怖さがあります。
ジッとしているだけなのにその大きさや佇まいがなんとも言えない迫力を感じさせます。
少しあるくと暗闇の檻になにやらオブジェが・・・なんか違和感を感じるオブジェ・・・よく見ると
goma.jpg
水の中の丘(?)に体をピーン!と反らせながら寝るアザラシ!
近づいてみるとゆっくりと体をくねらせながら大あくび。
花火が見える所まで早く行かなければ終わってしまうというのに、暗闇で見る動物達の魅力になかなか足が進みません。
闇の中で大きな影がヌウッと動く、大型の草食動物です。
昼間はでかいなぁ位しか感じない草食動物も暗闇の中で見ると何やら怖さを感じます。
そうこうしているウチに
ドーン!ドーン!と花火の打ち上がる音が!
急いで花火がよく見える所まで行こうとするのですが、これがまた遠い。
しかも動物園なので大きな木が多く、花火の全体を見る事が出来ません。
途中の動物達に惹かれながらも妻に急かされ見える所まで早歩き。
なんとか終わる前に広い所まで到着。
(;-_-) =3 フゥ間に合ったと思ったのも束の間、ものの5分もしないうちに終わってしまいました・・・。
ただ、もうココに来るまでの間に今日の目的が花火ではなく、動物がメインに切り替わっていました。
終わっちゃった~、という思いよりも早く動物見に行こう!という思いで一杯です。
夜に見る猫科の猛獣達。
昼間は寝てばかりの彼らですが、夜は結構動いてくれます。
檻から1メートルくらいのところで向かい合うライオンと私。
顔のでかさ、手足の太さに感動です。
こりゃ食われても仕方ない、そう思わせる骨格と筋肉でした。
象やペンギンにエサをあげるイベントもやっていて、子供連れで来たいなぁと思わせてくれます。
子供いませんが・・・(^_^;)
動物達を携帯のカメラで写すのですが暗すぎて写らない・・・それほど期待もしていなかったのでカメラを持っていかなかったことを後悔しました。
夜の動物達がこんなに魅力的だとは・・・次回は必ず!
今回初めて夜の動物園に行きましたが、動物好きな方にはお勧めします。
普段見慣れた動物達も周りが暗いと言うだけで雰囲気が一変します。
檻とそうでない部分の境がわかりづらいだと思いますが、サバンナやジャングルの中にいるような錯覚を味わえます。
お客さんの数もそれ程でもなく、暑くてたまらない日射しもない。
ついでに花火も楽しめる!(ついでか!)
来週末辺りに浴衣を着て出掛けてみてはいかがでしょう?
すっかり童心に帰れた数時間でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です