ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展

6月28日〜9月15日 世田谷美術館

ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展

19世紀後半から20世紀初頭にかけて、西洋美術に影響を与えた浮世絵をはじめとする日本美術。
マネ、ロートレック、ルノアールやモネ、ゴッホ等々の名品と浮世絵などの比較をわかりやすく展示されています。

西洋の画家達と日本人の表現の違い。
それは物事のとらえ方の違いと言っても良いでしょう。
特にカラダの違い、その姿勢や動き方など日本独特の様子が、西洋美術と比較することで、とてもよく分かります。

9月15日までの開催ですので、ご興味のあるかたはぜひどうぞ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です