寝違えた

右の肩甲骨内側に痛みがズッキーン!
首も動かない。
アイタタタ(>_<)
寝違えてしまった
理由はなんとな~くわかっている。
携帯用のホームページを作成中におかしな体勢でキーボードを打っていたのがおそらく原因だろう。
自分でもまずいなぁとは思いつつ、熱中すると忘れてしまい気がつけば違和感が・・・。
どうも上半身が腰にしっかりと乗っていない感じが続いていた。
ちゃんと調整しとかないとなぁと思っていたが時すでに遅し。
これでは仕事に差し支えるし説得力もない。
遅くなったがちゃんと調整しようと横になる。


まずは現状把握から。
なるべく余計な力を抜いて立ってみる。
体が大きく右に捻れ右の肩が下がっているのがわかる。
まぁ見事な歪みだこと(^_^;)
なんとなく体の状態がわかったところので仰向けになり、膝を曲げて両手を天井に向けてのばしてみる。
体の歪みの通り、右手は外側にまわり、左手は内側に回っている。
そのままの流れを体にゆっくりと通していく。
ゆっくりゆっくり感覚を聞き分けながら動いてみる。
ある程度動いた所で気持ち良さがあったので、そのまま感覚に委ねる。
手も腰も首も背中もグニャグニャと動き出す。
その間「あ~気持良い・・・」きっと人には見せられないようなを顔をして感覚を味わった。
時間にして5分ほど。
感覚が納まったので脱力。
その後も2つくらいの操法を通して終了。
9割方楽になった。
後は寝てる時に体がやってくれるだろう。
ホントは寝違えが起こるほど体を放って置いてはいけないのだが、たまに痛みを味わうことも良い勉強になる。
・・・と、言い訳をしてみる。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です