某氏、健康法を斬る!

昨年末、ラジオの中である人が話していた内容の一部です。
ちょっと長いですが、要約してみました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2012年を振り返る中で、1つの出来事として健康ブームがあげられる。
健康食品やダイエット法など様々なものが流行った。
ただ、ここで少しモノ申したい。
どれを見ても目線がマイナスをゼロにするようなものばかり。
例えば太っているのを痩せさせるとか、悪い食生活を正常に戻すとか。
その人のコンプレックスへアプローチしたものが多いように感じる。
そしてそのどれも万能ではない。
根本的な健康と言う事ではなく、部分部分を切り売りしているようなものが多い。
受け手の側は、その新しいものに希望を持って取り組む、しかしダメになる人が大勢いる。
上手く行く人も大勢いるが、ダメだった人は落ち込んでしまう。
その人のライフスタイルと関わる事なので、何が原因でそうなっているのかということに、ちゃんとアクセスしてあげないと、どんな健康法をやってもダメ。
例えば単純に運動不足の人もいるし、飲食のバランスが悪い人もいる。
栄養をとりすぎの人が運動をしてしまうと筋肉もつきやすくなる。
だから体重を落としたいのに逆に増えてしまうこともある。
そして体重が落ちないと更に無理をして体を壊してしまう。
骨盤や背骨をどうこうと体をいじくるダイエットも問題。
そういったところでよく聞くのが「バランスが悪い」という言葉。
バランスを良くしましょう!
バランスを良くすれば全て良くなります!
それはある意味魔法の言葉のようだが、バランスを良くすれば全て良くなるというのは違う!
人には利き腕、利き足などがあるし、内臓だった左右非対称に出来ている。
動きもどちらかに偏っているのが当たり前。
そうして何十年も偏った中で順応して動いているのが体というもの。
これを急に真っ直ぐにしたらかえっておかしな事になって問題がでてくる。
特にスポーツ選手などは偏った動きを何万回と行って出来ている体。
筋肉もそれに合わせて左右非対称についている。
左右が違った発達をしている筋肉なのに、骨だけ真っ直ぐにしちゃったらどうなっちゃうの?
教える人はそういうところもちゃんと観て欲しい。
歪んでいるからよくない?そういうこっちゃないぞ!
もっと体の根本的なところ、その人がどんな生活をしていて、どんな能力で、どんなバランスが必要なのか?
そういうところまでちゃんと考えなければいけない。
トレーニングにしろダイエットにしろ、何があっているのかは一人一人、全員違うと思って欲しい。
本当に自分にとって有益だと思うものは、自然と魅力的に見えるようになる。
そういう感覚を大事にして欲しい。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここまで
どうでしょう?
実に素晴らしい発言だと思いませんか?
話している内容は、ほぼ操体といっても言い過ぎではありません。
さて、誰の発言でしょう?


・・・答えは、最近テレビで見ない日はない男。
白のタンクトップがトレードマーク。
そう、百獣の王を目指す男「武井 壮」さんの言葉です。
その見た目や、とぼけた発言からイロモノのように見えてしまうかも知れませんが、ラジオで話を聞いている限り、とてもクレバーな人だと言う事がわかります。
自分の感覚を信じ、生活やトレーニングを日々実践している人だからこそ、世間の“何々ブーム”が“いびつ”なモノに見えてくるのでしょう。
自分の感覚にゆだねて、何が自分に必要なのかを見極める。
これって正に操体で言っている事そのものです。
どこかで操体を学んだのでしょうか?
いいえ、きっと操体なんて聞いた事もないでしょう。
でも実は驚く事ではありません。
なぜなら、操体とは橋本敬三先生が創り上げた特別な療法ではないからです。
橋本先生は色々なモノを学ぶ中で、自然の法則に気づいただけ。
そして、それは動物たちは当たり前にしている事ばかり。
武井壮氏のように、動物を目指し、感覚に素直になっていれば、自ずと操体的な生き方になるモノです。
この武井氏のラジオの発言、言っている事はとても正しいのですが、少し補足が必要でしょう。
武井氏が言っている「バランスを良くすれば全て良くなるというのは違う!」という言葉。
これには少し反論させてもらいます。
当院の屋号にも入れてある“バランス”。
大事なモノはいろいろあるけれど、一番大事なモノは結局“バランス”なのです。
ですから私の立場からは、やはり「バランスを良くすれば全て良くなる!」となるのです
ただ、ここで武井氏が言っているバランスとは、私が言っているバランスではなく、左右対称である事を指しています。
もしかしたら世間の人もバランスというモノを、そのようにとらえているのかもしれません。
しかし“バランス”というのは、そういうことではありません。
武井氏が言っている「何十年も偏った中で順応して動いている」これこそがバランスです。
こうして順応出来ている体、それをバランスが良いというのです。
ただ、これも言葉のニュアンス、とらえ方の違いというだけで、言っている内容に問題はありません。
昨年末の武井氏の思いもむなしく、きっと今年も新しく“○○ダイエット”なるものがいくつか流行る事でしょう。
健康になるために、健康を害しては本末転倒。
そんなとき、これは本当に自分に合っているのだろうか?と、自分の体にじっくりと聞いてみてください。
誰かの言った話より、自分にとっては自分の感覚の方が正しいのです(^-^)b
ちなみに、TBSラジオの“たまむすび”という番組(12月31日放送分)の発言でした。
武井氏は毎週月曜日に出演。ポッドキャストもありますので興味のある方は聞いてみてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です