一期一会ってことなんだろうなぁ・・・

子どもの頃は桜に限らず花にはあまり興味が無く、むしろ青々とした葉っぱや樹が好きでした。
たぶんずっとあるという安心感が好きだったのでしょう。
しかし、だんだんと年を重ねていくごとに自然に花に目が向くようになってきました。
大袈裟かもしれませんが人生の残りの時間というものがだんだんと見えてきたことで、若いときには言葉でしか分からなかった「時間の大切さ」というものが体感できるようになってきたからなのでしょう。
若いときには何事もずっと続いていくのが当たり前のことでした。
年を重ねるごとに、限りがあるなかでの美しさというものが少しずつですが分かってきたような気がします。
」しか咲かない桜、「」しか咲かない花、ずっとではなく限られた時間の中で精一杯咲いて自分を主張する。
中学生か高校生の頃に習った「一期一会」という言葉。
最近やっとわかってきたような気がします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です